2012年02月01日

ドゥカティが良いらしい。

1/31のテストで、

ロッシがポジティブなコメントを発表したね♫

かなりGP12が良いらしい。5番手タイムだしね♫

ひょっとして今年は期待できるか?!ヘイデンもね!
posted by トモ at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | motoGPネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

本当に悲しいです。

image1_l.jpg

しばらく記事の投稿をしていなかったトモです。
でもMotoGPは欠かさず見ていました。
忙しくて生放送で見れなくても、録画を休みの日に見ていました。

9/5は、時間がとれず見れていなかったインディアナポリスGP決勝レースを一週間遅れで昼12時くらいから見て、そのあとのサンマリノGP決勝レース(生)は「インディアナポリス見たばかりだし、サンマリノは飛ばそう。時間ないし」と、2006年からMotoGP観戦を開始して以降初めてレース観戦を断念することにしたのでした。

翌日通勤途中に、何気なくmotogp.comを開いたら言葉を失ってしまいました。予想もしなかった訃報。悲しくて仕事なんか出来ない。途中で何度も電車を降りそうになりました。

私は事故の瞬間を見なくてよかったのかもしれません。ただの多忙にかまけた偶然でしたが。けれども、「なぜ観戦をしなかったのか?レース中に起こる出来事はすべて唯一のものなのではないか?」と観戦しなかった事への後悔もあります。

若い。まだ若い。これから世界チャンピオンになったり、結婚したり、子供をもうけたり・・・素晴らしい未来が待っていたというのに。ご両親や関係者の心中を察すると、言葉もありません。

12日に帰国ですね?
ご自宅でごゆっくりとお休みください。
富沢祥也選手のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
posted by トモ at 10:57| Comment(15) | TrackBack(0) | motoGPネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

久しぶりの更新です!

いやー、仕事で精魂疲れ果て、

チェコGPの記事が書けませんでした(汁)

もっと楽な仕事ねーかなーあせあせ(飛び散る汗)


さて、待ちに待った母国GP、インディアナポリスです(完全にニッキー視点)。

ロレンソやダニやカピに食指を伸ばしたドゥカの手前、

ニッキーにはなんとか意地を見せてほしかった私ですが、

よかったです。表彰台に乗れて!

デが思ったよりもしぶとく(失礼)、なおかつドヴィの追撃に

ハラハラしましたが、なんとか3位入賞。

本人もかなり嬉しい様子!

848nickyedition.bmp

さて、7月リリースのニュースですから、

「遅いよ!」

という方もいらっしゃるでしょう・・。

北米にて100台限定にてドゥカティ848のニッキーエディションが発売されているようです。

なんか、ニッキーがドゥカティを去る可能性も十分あるというのに、

今頃こんなニュースに気付いて、ちょっと悲しい気分・・・。

やっぱこの手のバイクはシーズン序盤に、

「ニッキーはドゥカティでがんばれ!よし俺もニッキーモデル買って応援しゅる!!」

という気概を持って購入したいですね(日本での発売はないようですが)!

シーズン前なんか、ニッキー歓迎ムードだったドゥカティが

たった半年そこらで手のひら返していろんなライダーにオファーを

出しているのを聞くと、

「そんなんだからいつまでたってもストーナー頼みなんだYO!!(そのストーナーも謎の病気で欠場しちゃってさー、ざまーねーなー)」

と思ってしまうんですよ。

どうせ、日本車とは違う特殊なバイクなんだから、もうちょっとライダーに時間を下さいよ!ドゥカティさん!

そんなだから800万ユーロ払ってもロレンソがこねーんだよ!(ケッ!ざまーみろ)キスマーク

とも思ったりします。きっとロレンソは

「ドゥカティに行けば、ロッシとも何のしがらみもなく対決できるし、800万ユーロはおいしいなあ・・・。しかし、ドゥカティに行った時点でMotoGPでのキャリアに大きな傷がつくか、もしくは最悪の場合はキャリアが終ってしまうだろうし・・・まあ考えてみればロッシはあと少しでMotoGPを去ってくれるだろうし、ヤマハで実績出し続ければ次期エースは俺だし・・・、あ、やっぱヤマハに残ろー」

と考えたに違いない(笑)

兎に角、ドゥカティはもうどんな高額のオファーを出しても、トップライダーに断られる可能性が高くなってきている気がします。もう企業体質を変えるしかなさそうですね!


posted by トモ at 20:31| Comment(8) | TrackBack(0) | motoGPネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

ひょっとして・・・

すいません。

私ごとですが、風邪をこじらせて、ダウンしてました。

よってドイツGPの観戦記はトバして、

イギリスGPの観戦記になります。


いやはや、風邪をひいて、腰から膝までの関節痛を伴ったのは

初めてです。痛くて一睡もできない。

なんら関係のなさそうな風邪と関節痛。

「風邪は万病のもと」とはよく言ったものです。


250cc

20090726AoH.bmp

ドライかウェットかはっきりしない微妙なレースで、単独一位で

青山兄選手がゴール!

2位以下を大きく引き離してのゴールに大喜び!

ドイツまでは、青山兄選手がチャンピオンになれるかどうかについては

「今、ランキングトップでも、そのうちバウに越されるんでしょ」

と、うがった見方をしていましたが、


もう、このままチャンピオンになってほしいです!!


シモが開幕から出遅れ、最大のライバルであるバウとの一騎打ちでも負けていない。パッシーニは完走率が低く、バルベラは既に敵ではない(チャンピオンシップポイント上では。ただしコース上では別の意味で驚異ですが)。

となると、今年優勝するっきゃない!!



開発が止まったマシン、とよく揶揄される250ccホンダですが、

開発が止まっているからこその完成度・安定感で

アプをおさえてのチャンピオン奪取が目前です。


これからもがんばれ青山兄選手!パンチ


PS:「博一」と書いて、なぜ「ひろし」と読むか、いつも謎のままです。
posted by トモ at 20:04| Comment(2) | TrackBack(0) | motoGPネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

ニッキーさんおめでとう!

20090705laguna.bmp

今季一番の

5位フィニッシュ!


だと言うのに次のザクセンではまた下位に沈む悪寒がします。

5位でも嬉しいニッキーの笑顔を見ても、

次のレースでは表情が暗黒になっている気がするのです。

2007年も2008年はそんな感じでしたからねえ。



しかも、ストーナーはまた体調が悪いみたいですし、

これだけ体調不良が長引くと心配にもなりますねえ。

嫁さんがきっと心配してますよ。


にしても、いつも思うんですが、

エリアスは毎年

自分の首が寒くなってきたころに

急に好成績をたたき出しているような・・?

それはそれで「プロ根性」だと思いますが、

シーズン序盤からコレを出せれば・・・とも思います。



あ、そういえば高橋選手が契約を解除されましたね。

残念でならないですねバッド(下向き矢印)

高橋選手の成績や体調どうこうより、

タルマクシが持っているスポンサーを選んだんですよね?たぶん。


HONDAのMotoGPページに行っても高橋選手との契約解除の件は

まったく報じられてないですよねコレ?

「オランダで、Honda勢最上位はデ・ピュニエの7位
ペドロサ、ドヴィツィオーゾは転倒リタイアに終わる」

なんてのが記事になるくらいなんだから、

同じHONDAのニュースとして高橋選手の件は

触れなきゃダメじゃないんでしょうか?

うーん、HONDAとしても

臭いものにフタを

状態なんでしょうか?

いやー、不景気ってイヤですよね!





PS:宮城さんの「ヤマハ」のイントネーションが気になります。

posted by トモ at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | motoGPネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

ジェームス・トスランド、ポリスを歌う動画

Youtubeを徘徊していたら、

JTことジェームス・トスランドがポリスの名曲

「Message In A Bottle/孤独のメッセージ」をカバーしています。

http://www.youtube.com/watch?v=acC4HqoRL9w



ピアノが弾ける

とか

「Crash」というイカしたバンドをやっている

とか

いろいろウワサはありましたが、

いざ動画で見ると

感動せざるを得ません(笑)


バンドも頑張って、レースの方も是非がんばってほしいですね!
posted by トモ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | motoGPネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

六本木スポーツバーでMotoGPを観戦してみた。

おつかれさまです。

昨日行ってきました。

Legends Sports Bar & Grill

http://legendsports.jp/
legends.jpg


まずは壁にかけてあった、

落合博満とランディ・バースのパネル。

090627_1758~01.jpg

すごい。

はじめて見た。

このふたりのツーショットはレアですよね。


入店後すぐに気付きました。

5時50分くらいに入店したというのに、125ccの放映がされていない。

店員さんに「今日はバイクのレースの放映はありますよね?」と聞いてみたら、

6つ7つくらいあるTV画面のうち一つを指さして、

「あちらの画面で放送します」

との事。


ん?ちょっと待て?

MotoGP放映するひとつの画面を除いて、他全てはラグビーの放映だというのか?

「MotoGPの実況は聞こえるんだろうか?」

嫌な予感がしてきます。

っていうか6時になっても125ccの放送が始まらない!

6時10分くらいにやっと125ccの放送に店員さんが切り替えてくれた。

090627_1820~01.jpg

小山ックスがすでにリタイアしていました。

テロル、シモン、ガデアのトップ3がすでに形成されていました。

つーか、MotoGPは音声実況なし!


他全ての画面で放送されているラグビーの試合の音声が流れていて、

他のお客さんもほとんど全てラグビーの試合みて大声あげてるよ。

格好の四字熟語があります。

「四面楚歌」

コレですよ。

90パーセントのお客さんがラグビー見て盛り上がり、10パーセントのお客さん(私含む)がたった一つの画面をみて細々と会話をしている、

という絵です。


最終週、テロルとシモンが絡み二人してコースアウト、ガデアが結果一位でゴールしました。

トイレに行ってみました。
090627_2039~01.jpg

小便器の目の前にもTV画面です。

なかなか粋な計らいです。


さて、250ccはとんでもないことが起きました!

最終周に一位走行中の青山兄にバウティスタが後ろから追突!

「あー、終わった!!」と思いきや、

コケてるのはバウだけ・・・。

青山兄は走ってるねえ・・・。

ポカ〜( ゚д゚ )〜ン...

ポカ〜( ゚д゚ )〜ン...

うーん、バイクが傾いている状態で追突されて、コケなかった例を初めてみた。

あ、青山さん優勝オメでとうっす!!

こんな嬉しいシーンでも細々と喜ぶMotoGP観戦陣。心細いです。

この時点でMotoGP観戦している方達はウチラ夫婦含めて、

7〜8人くらいいたように思えます。


さて、MotoGPクラス。

このころにはラグビーの試合も終わり、まともに放送しているスポーツはMotoGPだけのようです。

ってことは音声実況してくれるか??!

と思いきや、最後まで音声実況無し!BGMが延々と流れてます。

なんか事情でもあるんですか?!ちょっと悲しいです。

このスポーツバーに関する他の方のブログを見ると、

イタリアGPなんかは確か音声実況があったようです。

今回が特殊なんでしょうか?


「音声実況がない観戦なんて、わさびのないマグロの刺身ですよ!」

レースはロッシが100勝目達成!

ニッキーはダニとドヴィのリタイアに助けられ、念願のシングルフィニッシュ!
n500509_MOTOGP02.02.original.jpg

ちょっと肩身の狭い観戦になってしまいました。

嫁さんと「もうこれからは家で見ようね」と話しあいました。

レース自体は3クラスとも面白かった分、残念です。

皆さんがこのスポーツバーに行って観戦するときは、


@仲間と一緒に(なるべく多く)

A他に注目度の高いスポーツの放映がバッティングしていないかチェックして

B音声実況のあることを確認して



行った方がいい気がします。

んでは!












posted by トモ at 09:09| Comment(6) | TrackBack(0) | motoGPネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

実は、スポーツバーでMotoGPをワイワイガヤガヤ観戦できるんじゃねえ??!!

スポーツバーでMotoGPを観戦できないかと、

ネット上をウロウロしていたら・・・・。


Legends Sports Bar & Grill

http://legendsports.jp/

東京は六本木にお目当てのバーを発見!

しかも今週末のアッセンの放送予定が組まれてありまんがな。

legends.jpg

家でG+でアッセンを見ようと思ったら、日曜朝5時からの放映を録画する以外方法がありません。

しかし、このスポーツバーではどういうわけか土曜17:45から放送してるじゃありませんか。

いち早く観戦できて、なおかつMotoGP好きの仲間が出来るんではないかと、ウキウキしております。

今週の土曜に行ってきます。

ニッキーのTシャツ着て行ってきます。

見かけたら声かけて下さいね。

ニッキーのTシャツなんてそんな多くないですからね。

69_Dragon_104.jpg

これ。これ。
posted by トモ at 19:14| Comment(2) | TrackBack(0) | motoGPネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

フリアン・シモン大チョンボ!

20090614catalunya.jpg

シモン、世紀の大チョンボ!

カタルニアGP最終ラップで、周回ラップを間違えて、

まだ1ラップあるというのに上の写真のように勝利ポーズをとってしまいました。

かっちょわる!

しかも、気を取り直してラストラップを走ったが、

チームメイトのガデアに0.052秒差で、3位表彰台を

明け渡してしまうという不運。
20090614catalunya2.jpg


「ラスト2ラップに死ぬ気でプッシュした。L1を見て、ラスト1ラップだと思ったけど、残念にも、そうではなかった」

「このサーキットは、他のサーキットとシステムが違う。L1は、実際にはラスト2ラップ。このサーキットではL0がラストラップを示す。」

「地元での優勝だから、すごく嬉しかった。でも、チェッカーを確認しなかった。イアンノーネに抜かれ、他のライダーたちにも抜かれ、リアクションを起こし、可能な限りのことを尽くした。もう少しで表彰台だったけど、そのリアクションを大切にしたい。」




・・・。

何とも不思議な話ですが、ここのサーキットは周回表示がほかのサーキットと違うんですね?!

日本じゃ「2階」でも外国じゃ「1階」と表現するところもありますし、やはり慣れしかないのでしょうか?!

幸薄そうで、結婚も遠そう(余計なお世話)なシモン。

これからも「苦笑」を誘ってください。






posted by トモ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | motoGPネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

イタリアGP観戦

最近、またFIATカフェに行きたくなってきたトモです。

今度はランチじゃなく、ディナーで行こうかな・・・と。

あ、FIATカフェのオフィシャルサイトがオープンしてます。

サイトもおしゃれです。


http://fiatcaffe.jp/



さて、そんなイタリアGPはロッシのみならず、ドゥカティも気合入ってましたよ!


MotoGPクラス
090531italy2.jpg
ロレンソがアンブレラガール2009コンテストの最終選考通過者とFIAT車と記念撮影です。

アンブレラガールのコンテストってなんだろう?

ただ、この頃FIAT車が気になってしょうがないんです。

がんばれ、ロレンソ。ちょっと応援します。



さて、レースはまたも雨!

もういい加減にせんかい!といいたくなるぐらい、今年はとりあえず雨。

サイティングラップでなんと、ロレンソが転倒するという大波乱!

なんとかピットに戻って、マシンを乗り替えグリッドに並びました。

その結果、まだ一周もレースを周回していないライダーが泥まみれでグリッドにつくという、一見すると「謎」な映像が全世界に・・。


ウェットでスタートしたレースはマルコメが一時トップに立つという、

波乱すぎて楽しい展開に!

このあたりから宮城さんの解説に熱がこもってきたように思います。

いつもの解説よりも明らかに語気が強く絶好調感が出ていました。

カピロッシも好調で、やはり気合いが入っています。


各車マシン交換を行ってからは、マルコメやバーミューレン、ヘイデン等が順位を落とし、ストーナーが息を吹き返しました。

ヘイデンは特にレース後に「完全ウェットで走りたかった」と後述するなど、ウェットに自信があり、逆にドライには自信がなかったようです。そのとおりになったねえ・・。


そしてダニは転倒。ダニは転倒多いなあ・・。

090531italy.jpg
一位はストーナー。
ドゥカティが母国で勝てたのは本当に嬉しそうです。
そういえば、ストーナーがライスポで語ってた記事は皆さん読まれましたか?
「レースは楽しいが、不愉快な面もある。他のライダーとは違って、自分はそんなに現役を長くは続けないと思う。家族とゆっくり過ごしたいんだ」的な発言を見て、納得。
そういえばレースで優勝した後の喜び方が他のライダーに比べて控え目に見えるんですよね。

やはり、レースで勝つことはもちろん嬉しいでしょうが、「引き際」も近い将来に見ているのかもしれませんね。


二位はロレンソ。
いやはや、すごいライダーです。
完璧に存在感はダニを凌駕した感があります。

三位はロッシ。
やはりフラッグトゥフラッグではツキがないようです。あまり強さを見せられなかったレースです。




250ccクラス

いやはや、すごいレースでした!
090531italy3.jpg

母国イタリアでの活躍を誓って、シモンチェリとパッシーニが火花を散らし、そこにバウティスタが割り込む絶好の構図!

期待の青山選手こそ6位ですこし残念でしたけどね!

レースは序盤からすさまじいペースでシモンチェリが逃げる!

それに追いすがるバウティスタ!

パッシーニもラップタイムを上げる!

バウティスタがシモンチェリをとらえる!


事件は11ラップ目に起きました。

シモンチェリがイン側からバウティスタに接触し、二人揃ってコースアウト。そのスキにパッシーニがトップに!

あまりの出来事に食事の手が止まりました!

この事件は後にシモンチェリ側が罰金5000米ドルを支払い、警告を受けることで終止符が打たれました。

これはバウティスタは怒るでしょ〜!シモンチェリが強引だったと思います。

さて、パッシーニは2番手以降とのギャップを大幅にゲットしましたが、そこからのシモンチェリの追い上げが凄い!

気迫が伝わる走り。母国でいいとこ見せようという気合。

それに追いすがり、意地とプライドを賭けて、ハイサイド直前になりながらもシモンチェリを追い、走り続けるバウティスタ!かっこいい!

最終ラップではパッシーニはシモンチェリに捉えられ、一進一退の攻防。コーナーの度に順序を入れ替え、最終的にはパッシーニが一位でゴールイン!!

左右の切り返しが多いコースレイアウトなので、本当にクロスラインが多く心拍数上がりましたよ!

最高のムジェロ250ccでした!

けど、表彰台でのバウティスタの表情は暗かったですね(汁)納得できんでしょうね。

アレがなければ優勝していた気がします。
posted by トモ at 00:32| Comment(4) | TrackBack(0) | motoGPネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。